2013年11月27日水曜日

三陸海の子弁当、南部せんべい、石っこ賢さん…岩手グルメに出会う旅

小岩井の風景
平泉の町民温泉で見た小岩井の風景。
あの山は岩手山だろうか?


人がくれたお土産がどこの名物なのか、思い入れがある土地かそうじゃないのか、そんなことに敏感な人でありたい。私です。
最近人からもらったお土産で一番美味しかったのは旭川の銘菓「き花」です。本当におすすめです。




みちのく旅の戦利品その1「ほたての南部せんべい」


横から見た巖手屋の南部せんべい 
横から見た巖手屋の南部せんべい。帆立の貝柱がたっぷり乗っている。 


今回の「みちのく、たびたび、一人旅」で最初に買ったお土産は、気仙沼駅のニューデイズで見つけた巖手屋のホタテとイカの南部せんべいだった。

そういえば、関東から気仙沼に向かう場合、宮城県を抜け、岩手の一関駅から大船渡線に乗り換えるので、気仙沼を岩手県の一都市と勘違いしそうになる。
小田急線における町田のようなもの、といえば伝わるだろうか。
神奈川感たっぷりだけど、実は東京都町田市。
そんな町田になんとなく立ち位置が似ているのだ。

気仙沼で岩手の名物、巖手屋の南部せんべいを買うのは一瞬気が引けたのだが、
「町田も神奈川みたいなものだし、気仙沼も岩手みたいなもんっしょ!」
と思い直した。


食べかけの南部せんべい 
食べかけの南部せんべい 

南部せんべいは、思いのほか分厚い。そしてかなり硬い。
さらにこのホタテせんべいは、乾燥した帆立の貝柱の細かいフレークがたっぷり乗っているので、入れ歯や差し歯やすきっ歯など、歯の健康状態に難がある人にはかなり危険な食べ物だと思う。
歯に自信がない人は、せんべい汁にしていただくといいかもしれない。
貝柱からたっぷり出汁が出そうだし、かなりおいしくいただけるのではなかろうか。





みちのく旅の戦利品その2「石っこ賢さん」


銘菓・石っこ賢さん

「石っこ賢さん」は一関市東山町の砕石場に勤務していたことがある、宮沢賢治のアダ名にちなんだ「冨士屋製菓」製造の銘菓だ。
半切りの最中の上に、やわらかいマドレーヌのような甘さ控えめの生地が盛られ、中には黒ゴマとクルミが練りこまれている。
ほんのり甘く、最中とくるみの食感が不思議な、素朴な味わいのあるお菓子だ。
私が平泉入りする前日ぐらいに友人が東山町のどこかで手に入れたものなので、入手方法や入手場所などの詳しい内容はよくわからない。


みちのく旅の戦利品その3「小岩井フルーツ牛乳」


小岩井フルーツ牛乳 

平泉の町民温泉施設で飲んだ小岩井のフルーツ牛乳。
バナナのまろやかな風味が強く感じられて、とても美味しかった。
小岩井牛乳は全国的にも有名なので、ご存知の方も多いと思うが、一応岩手の名物なのでここにあげてみた。



大宮で買った仙台名物「ひと口牛たん麦ご飯」


ひと口牛たん麦ご飯

仙台名物の「ひと口牛たん麦ご飯」は大宮駅の駅弁屋で購入。
このサイズのご飯サンドが三つ入って515円なので、かなりお得だと思う。

今回のみちのく旅の帰り道で、家族への土産が物足りないことに気がつき、急遽大宮駅構内を物色していた時のことだった。
構内では大したものが見つからず、新幹線のプラットフォームで何気なく立ち寄った駅弁屋のカウンターに、母親の大好きな横浜名物「崎陽軒のシウマイ」を見つけた。
「東北土産、これでいいのか?」と自問自答しながらシウマイを購入し、ついでに小腹が減っていたのでこちらの仙台名物ひと口麦ご飯サンドも一緒に購入した。

家の食卓で申し訳なさそうな顔をしながら崎陽軒のシウマイを差し出すと、なぜか家族全員飛び上がらんばかりに喜んでいた。

「今日のお昼どきに、シウマイ食べたいねー、ってみんなで話していたところだったんだよー」

だそうだ。
東北土産は、これでいいのだ!



駅弁フェアの戦利品 平泉うにごはん


平泉うにごはん

これは平泉の旅行中ではなく、駅弁大会で買った平泉のうにごはん弁当だ。
平泉在住の友人談「これ結構人気だよ。ま、平泉に海はないんだけどね」。


東北フェアの戦利品 牛たん弁当とかもめの玉子


牛たん弁当とかもめの玉子ミニ

近所のスーパーマーケットで開催されていた東北フェアで購入した、仙台の牛たん弁当と、かもめの玉子ミニ。
牛たん弁当は加熱装置付きのため、大きさの割に中身が小さく、お腹いっぱいになりにくいのが難である。


駅弁フェアの戦利品 三陸海の子弁当


三陸海の子のパッケージ


三陸海の子の中身

三陸海の子弁当も駅弁大会(別の日)で購入。
うにごはんと同様、一関のしょう月堂(斎藤松月堂)の目玉商品で、うに、いくら、ほたて、茎ワカメなどの三陸の海鮮が乗った贅沢な一関の駅弁だ。

一関駅ではアワビやいくらなどの贅沢な三陸の海の幸がぎゅっと詰まった三陸海宝漬や、牡蠣、蛸、いくらなどの海鮮が一堂に会した三陸海宝弁当なども見かけたが、かなりいい値段がしたので手が出せなかった。
中村家の三陸海宝漬はいつかお取り寄せしたい憧れのお土産である。

その他の岩手グルメの話もあわせてどうぞ → 二度目の平泉で初いわて南牛、初わんこそば

みちのく旅シリーズ




0 件のコメント:

コメントを投稿