2014年5月20日火曜日

雲取山頂で「自由というのは眩しいものだな」とさけんだけもの

長らく個人的に懸念していたPC遠隔操作ウイルス事件(雲取山USBメモリの謎事件)の真相が、ここ数日の事柄を経てようやく解明されつつある。

PC遠隔操作事件:すべての謎が解けたあとに残るもの

私がこの事件の被告人・片山祐輔氏のことを冤罪ではないかと思いはじめた理由の一つは、上の記事に書かれているように、「検察の言う決定的な証拠というものが本当はないのではないか」という疑いがあったからだ。
PC遠隔操作という犯罪の性質上、パソコンを所持している誰しもが踏み台にされて事件に巻き込まれる可能性があり、真犯人逮捕以前に複数の落ち度なき一般市民が誤認逮捕されているということも大いに関係がある。

また逮捕前に猫カフェで猫とたわむれている姿をどこかのメディアが盗撮し、それをばらまかれたことや、「雲取山」の登山仲間意識を持ったことも、彼への深いシンパシーを感じた理由の一つだと思う。

埼玉県域の雲取山山頂。曇りすぎ。





極端な話、「猫と登山が好きな人間に悪い奴などいるだろうか、いやいない(反語)」とまで考えていたこともある。
「あいつは犯人面している」「いかにも何か良からぬことを企んでいそうな顔だ」などと放言する連中と、「いや猫好きだし」「登山好きだし」などと事件と全く関係ない主張をする私とは、本質は変わらないのかもしれない。
その点で私は深く反省すべきだろう。

それはさておき、彼が自身を真犯人であると認めるまで、私は「検察や警察の陰謀説」をほとんど信じていた。
けれどもここ二日ほどは「彼の身の安全が確保さえされれば」という思いが強くなり、この際彼が真犯人であるかどうかは割りとどうでもよくなっていた。

氏が2013年の冬に拘束されてからというもの、私は何度「雲取山」という単語をTwitter上でつぶやいただろうか。
そのたびにフォローしている「深田久弥の百名山bot」からリプライが飛んできたものだ。
小保方銃蔵というペンネームのセンスはいかがなものかと思うが、いつか彼と一緒に雲取山に登りたいと思っている。
その気持は彼が真犯人となった今でも変わらない。
山頂についたら、あの「自由というのは眩しいものだな」をぜひ言ってもらいたい。
もちろん晴れていたらの話だがな!

↓雨の雲取山ヤマレコ↓
たどりついたらいつも雨ふり@雲取山
雲取山荘からの年賀状


■ほかの日本百名山レコ




世界の中心で愛を叫んだけもの


無差別大量殺人犯はガス室で迎えた死の直前にこう叫んだ。
「おれは世界中のみんなを愛してる。ほんとうだ、神様に誓ってもいい。おれはみんなを愛してる、おまえたちみんなを!」



なお、次の更新記事にと決めていた「俺がパトリック・チャンの魅力について濃厚に語るブログ」は思いのほか筆が進まないためお休みします。


↓ここまでしか進んでいない

俺がパトリック・チャンの魅力について濃厚に語るブログ

1: 画像はない、お察しください:2014/05/19(月) 00:35:36.61 ID:pChIdDyTakE5
濃厚にな。

2:画像はない、お察しください[] 2014/05/19(月) 00:35:56.19 ID:c4IW6ogy0
テニスの人?

3:画像はない、お察しください[] 2014/05/19(月) 00:36:21.95 ID:+OfU7J4j0
>>2
それマイケル・チャン

4:画像はない、お察しください[] 2014/05/19(月) 00:36:51.99 ID:U3X9L8tj0
>>2、3
古すぎだろ。

5:画像はない、お察しください[] 2014/05/19(月) 00:36:53.62 ID:J5HwFNvb0
錦織圭のコーチになったらしいぞ。

元ネタ
俺が羽生結弦について濃厚に語るスレ

■関連?記事
にわかスケオタの「THE ICE」(ザ・アイス)長野公演初日レポ

0 件のコメント:

コメントを投稿