2014年2月28日金曜日

ワイのハニューシカフォルダが火を噴くぜ!

群馬県のほぼ全域が二度目の大雪に埋まる直前、私は群馬で二番目にお気に入りとなったラーメンに関するブログ記事を書いていた。

その最中に風邪をひいたり、雪に埋まったり、インフルエンザを発症したり、色々な出来事がおこったので記事は下書きのままになっていた。
ひと段落したら更新をかけよう。そう思っていたのだが、今は更新する気力が全く無くなってしまった。

雪かきで腰を痛めたから、ではない。
インフルエンザが長引いていたから、でもない。
何をするにも、ある場面が片時も頭から離れないからだ。

ある場面とは。
への字の場面。と言えばいいのだろうか。
「かかとイーグル」もしくは「ランジ」というらしい。
(最近では「ハニューフラッシュ」という愛称も出回っているらしい)


あの場面でハートを撃ち抜かれてしまい、以降、夜ふけになると「羽生」「羽生結弦」「羽生きゅん」「ハニューシカ」「ユズーニャ」「プーさん」「プーさんの羽生ハント」「パリの散歩道」「チビゆづ」「ぶりっ子羽生」「袴田吉彦」「高橋一生」等のキーワード検索で画像を収集するしか能がない、腑抜けた人間になってしまった。

(途中息抜きで織田信成やプルシェンコのおもしろ画像や、羽生名人の小学生棋士時代の画像、羽生市で開かれたゆるキャラグランプリの画像などを収集することも忘れなかった)

気がつけば語尾に「〜シカ」を付けないと喋ることも困難になってしまったーシカ。


そんなわけで現在こんな画像ばっかり眺めて、パリの散歩道を虚ろな目で爆走しながら病んでいるーシカ。
さよなら!(萌え尽き死)





パリの散歩道 (Live) - Live At Montreux 2010

(追記)
ようやくハニューシカ熱(通称ハシカ)が収束してきたので、長らく下書きだったラーメン記事をようやく更新しました。
群馬のラーメン好きに捧げます。

女子ラーメン部「支那そば まるこう」で鴨そばを食らう

2014年2月22日土曜日

群馬県内の停電がすべて復旧しました

タイトルの通りです。
最後に送電されたのは下仁田町だったそうです。
あの下仁田ネギの。
「ねぎとこんにゃく下仁田名産」の。
ダイナミズムの象徴的存在、希代のダンサー井森美幸の出身地であり、「紅葉に映える妙義山」がある、あの下仁田町です。

紅葉に映える妙義山の奇岩群

紅葉に映えよ!妙義山〜安心安全ハイキング


2014年2月19日水曜日

群馬県の大雪関連情報・被災助成金・見舞金等について

ラッセル車の朝は早い 
ラッセル車の朝は早い


こんばんは。
今日はやたらとテレビ東京で群馬の温泉地や滝の情報が放映されていました。
おそらく前回積雪があった2月7日周辺にロケされたものでしょうか、雪景色ばかりの放送が多かった気がします。
「現在大雪のため通行止め」「交通機関の乱れがあるので事前に確認を」等のテロップが少し物悲しい、そんな放送でした。

では本日2014年2月19日現在の群馬県内の近況報告です。


2014年2月17日月曜日

群馬県内の交通状況・孤立化について

ラッセルしてくれたんだなあ。JRだもの。たつを。



さて。
昨日の時点ではかなりのん気な記事を更新しましたが、今日もまだ除雪が進まず、事態は深刻な様相を帯びてきました。
群馬の今を知ってもらうためにも、今日までの状況報告をしておきたいと思います。


2014年2月15日土曜日

こっちはこうさどうにもならんよ@前橋 冬の青春狂走曲


都会にお住まいのみなさんへ。
前橋市在住のグンマーが近況をお伝えいたします。


そっちはどうだいうまくやってるかい?
こっちはこうさどうにもならんよ!

 (サニーデイ・サービス「青春狂走曲」より)


(写真:積雪深 73 cmという記録的大雪のためカーポートのルーフが落ち、車が一部壊れて出庫できないの図)

本日2014年2月15日は群馬県内のJR在来線は全線運休だったそう。
とくに高崎線は昨日発車した電車が19時間ほど沿線の複数の駅に停車し、乗客6000人が各列車内に閉じ込められたということも報じられていた。


さきほど一部区間をラッセル車EF64-1001が走ったそうなので、一部運行開始するのではないかと思われる。


うーん。ラッセル車はかっこいいなあ…


しかしまさか2週連続でラッセル(雪かき)するとは思わなんだ。
ちょっとした雪山登山気分が味わえて楽しかったけど、来週はもうかんべんしてほしいと思うグンマーなのでした。

じゃ、おっつ、おっつー(©織田信成)

2014年2月9日日曜日

ブログ名の由来と「サニーデイ・サービス」「24時」について

サニーデイ・サービスの楽曲「旅の手帖」をご存知だろうか。
このブログをやり始めてもう1年になるので今さらな話だが、当ブログのタイトルはその「旅の手帖」のワンフレーズから付けさせていただいた。

稲穂の波、金色の草原、紅葉の海…秋に聴きたい「サニーデイ・サービス」



サニーデイ・サービスのアコースティック時代末期に制作された名アルバム「サニーデイ・サービス」の最後から二曲目が件の「旅の手帖」である。
シングル曲「NOW」のPVにおける草原や、ピンク・フロイドの「原子心母」を彷彿とさせる牛と牧場がメインビジュアルになっている↑のアルバムジャケットの印象が強い。
列車の車窓から見える田園風景によく似合いそうな、牧歌的でのどかなサウンドが特徴だ。
「枯れ葉」や「雨」(夏が目の前を通りすぎた)などの曲名や歌詞が示すように、そのしっとりしたサウンドに触れると、ゆれる稲穂の波、黄金の草原、ロープウェイ眼下に広がる紅葉の海……などの秋の情景がまぶたに浮かんでくる。
秋の旅行に持って行きたい、そんな一枚だ。
 

2014年2月2日日曜日

ラーメン激戦区・伊勢崎の「いまるや」は群馬一位!異論は認めない

ラーメン激戦区・伊勢崎市で揉まれた実力やいかに…いまるやの塩らーめん

群馬で一位のラーメンは伊勢崎いまるや。異論は認めない


■これは訓練ではない。本物の「上州ラーメン戦争」である


群馬県内でうまいラーメンを求めてさすらう旅を続けて早2年になるが、ついに自分好みのラーメン店を見つけた。

人の好みは千差万別なので、以下の話は半分くらいで聞いてほしい。

伊勢崎の「らーめん いまるや」。
ここの塩ラーメンは群馬No.1のラーメンであると宣言したい。
そして異論は認めない。