2015年1月29日木曜日

違う、そうじゃない。手前勝手な祈りなんだ

引き続き雲取の登山レコを…
と言いたいところだけれど、その前にイスラム国の人質事件について、いろいろ考えさせられる出来事があったので、ちょっとだけ。
文語体だと読みづらく、攻撃的に感じる人もいて誤解を招きそうなので、以下より口語体で書きます。


寒いときのおでんの温かさは全身に染み渡るようです。日本の温かい場所にいる自分の幸せを深く感じられるソウルフードの一つです。


 「自己責任」への違和感

最近よく耳にする中で一番モヤモヤするものに「自己責任」という言葉があります。
「自己責任」という発言をしたことがある人に聞きたいのですが、その言葉がもつ意味を日頃深く考えたことはあるのでしょうか。

私自身は「自己責任」という言葉に対して、常々「同調圧力」というか横暴さを感じています。
政府側の都合を押し付けた、日本政府の無責任さをあらわす言葉、それが「自己責任」だと思っています。
今回のように「自己責任」を先に発したのが人質となった後藤さん本人だったとしても、発した背景にあるものを慮りもせず、渡りに船とばかりに素直に便乗してしまうのは早計なのではないでしょうか。

たとえば増水の危険を認知していたにも関わらず河原の中州でキャンプをして流されてしまった人や、無茶なバックカントリースキーで遭難してしまった人に対して「自己責任」を持ち出すのであれば、百歩譲ってわかる気がします。
 「危険な遊び」を好き好んでやっているのだから、ある程度危険な目に遭うのは必然であり、致し方のないことでしょう。
(それでも遭難者に対して「死ねばよかった」などと親の仇を見つけたかのような必要以上の暴言を吐く輩がまれにいますが、そういう馬鹿者は論外です。お前みたいなのからお先にどうぞ、と思います(怒))

ですが、戦場に赴いたジャーナリストに対して発された「自己責任」とは一体どういう意味なのか、何度考えても私にはよくわかりません。

テロが頻発し治安情勢が安定しない紛争地帯など、非常に危険な現場には大手メディア所属のジャーナリストは派遣されづらいのが常です。
戦場で犠牲になるジャーナリストや写真家は、決まってフリーランスか規模の小さな通信社の記者だったりします。
そういう個人に対して、国家をあげて「自己責任」を押し付けるような空気を作り上げるのに加担している、他のメディアに対しても大きな不信感を抱かざるをえません。

「人の衆目を集めるために危険な場所でニュースを拾ってきて、それを飯の種にしようとする方がどうかしている。危険な目に遭うのは自業自得じゃないか」

はたして本当にそうでしょうか。

遠く離れた戦地の現状は「知らなくていい」ニュースなのか

ミャンマーで殉職した長井さんの言葉にもありますが、
「誰も行かないところに誰かが行かなければ」
戦地の状況は誰にも知られること無く、劣悪な環境は改善されず、諸悪はいつまでも世界にはびこり、真実は闇に葬られたままです。

世の中には、たとえば芸能人のスキャンダルとかネットの炎上騒ぎとか、知らなくてもいい、どうでもいいニュースもたくさんあります。
ですが戦場の今を「知らなくてもいいこと」だと切って捨てる姿勢には疑問を感じます。

地球上から紛争地帯や戦争地帯が無くなったことは有史以来たぶんありません。
それにもかかわらず「日本が平和ならそれでいい。戦地のことなんて知らない」と目をつぶり続ける行為は、国際化を推し進める側にある経済先進国に住む日本人として、一種の責任を放棄しているような気がしてなりません。


イスラム国成立のきっかけと日本の立場について

イスラム国の成り立ちについて、もともとイラク・フセイン政権の主要メンバーだった人間が中核にいるということを最近ようやく知りました。
こんな文章を書いておいてなんですが、私も世界情勢に敏感な方ではないので、いろいろ調べてやっと輪郭がわかってきた程度です。
多くのイスラム過激派のテロ集団と「イスラム国」とでは、この辺りが根本的に違うようです。

フセインといえば、「アルカイダを支援し、大量破壊兵器を隠し持っている」とアメリカが認定して処刑をしたイラクの元大統領です。
ご存知のとおり、イラクで大量破壊兵器は見つかりませんでした。
死刑の根拠になった事実自体が嘘だったのです。

イスラム国成立のきっかけを与えたのは、理由不明のままフセイン政権を壊滅に追い込んだアメリカ、そしてアメリカの連合国、ということになります。
その連合国にもちろん日本も含まれます。

アメリカ大統領などがよく口にする「テロとの戦い」とは、一般的には「イスラム過激派とクリスチャン国家」との戦い、言い換えれば「テロリズムとグローバリズムとの戦い」です。
一神教の宗教を持たない日本などの連合国国家もしっかり「グローバリズム」の方に加担しています。
反対に「テロリズム」の方にはごく普通のムスリムは含まないと考えていいでしょう。
一般的なムスリムたちは、無関係な団体とはいえども同じイスラム教徒のテロ行為に心を痛め、また宗教弾圧と差別を恐れている状態なのではないでしょうか。

■イスラミックセンター・ジャパン
イスラミックセンタージャパンは、2人の日本人の人質を殺害するというイスラム国の脅迫に対して、抗議します。


これは「優しさ」じゃない。勝手な「祈り」だ

私は、亡くなってしまったであろう湯川さんには非常に勝手ながら、自分自身のある親族の影を重ねて見ていました。
だから湯川さんのご尊父に対しては、湯川さん以上に感じ入る部分がありました。

また後藤さんに関しては、いまだに安否が気遣われる不安な状況が続いていますが、とにかく無事を祈っています。
ついでに、お母様の記者会見は見ていませんが、伝聞だけでも別の次元で辛い思いをされたことが想像に難くないので、とくにコメントは控えます。

先日あるところで後藤さんの安否を気遣う発言をした際に、「Tさんはとっても優しいんですね」と言われてショックを受けました。
自分は「自己責任」という空気がある中で何か特殊な考えを持った、変わった人間なのだろうか。
「優しさ」とは一体何だろうか、と。

違うんです。そうじゃないんです。
後藤さんを気遣った言葉は「優しさ」から出たものではないんです。

イスラム過激派とクリスチャン、テロリズムとグローバリズム、その戦いになぜどちらの宗派にも属さない後藤健二さんはクリスチャンとの記述がありました)フリーランスの日本人ジャーナリストが巻き込まれなければいけなかったのか。
またクソコラ騒動にも表れているように、イスラム国成立の一端を担っているにも関わらず、なぜ日本人の大部分がこの件に関して「無関係」というスタンスで「無関心」を決め込むのか。
そして「自己責任」という政府お仕着せの言葉を無自覚に使い、コラージュで事件を愚弄し茶化したりするのか。
(シャルリー・エプド事件のようなマイノリティや個人を攻撃するのではなく、横暴な公人や権威を茶化すようなクソコラなら、表現として存在価値があると思うんですけどね…)

これらに対する無力感と憤り、そして一人の非正規雇用の社畜(なんだかおかしな表現ですが)として、かつてフリーランスライターとして活動した者として、勝手に、恐れ多くも、後藤さんに自分を重ね合わせて、藁にもすがる思いから出た、
「後藤さんだけは助かってほしい」
という祈りなんです。

いまだ事件の解明と解決には至ってはいませんが、そんなことを考えました。
引き続きこの件に関して、見守っていきたい所存です。


■1月31日追記
「身代金2億ドルをとっとと払えば解決するのに」とは私も思いません。
テロリズムという暴力行為が蔓延する世の中にしないためにも、「イスラム国」というテロ集団を認めるわけにはいきません。
イスラミックセンター・ジャパンの意見にもありましたが、私もそれを支持します。
ただ身代金を払わないことを正当化する口実として「自己責任」という言葉を無自覚に使うことにはこれからも異を唱えたいと思っています。


新書「イスラーム国の衝撃」をGWに読む

2015年1月27日火曜日

雪の雲取山へ!三峯神社編

週末の1月24日から25日。雲を取りに行ってきた。
一昨年10月の「雨の日ハイク」から一転して「快晴ハイク」となったのでご報告申し上げたい。
もう雨女とか言わせないぞ!

2013年10月の雲取山登山レコ → たどりついたらいつも雨ふり@雲取山


雪の雲取山

今回は三峯神社から登って雲取山荘で一泊し、翌朝に雲取山登頂して鴨沢へ下りる、前回とは逆のルートをたどる。


熊谷⇔御花畑の片道切符

まず熊谷から秩父鉄道に乗り、御花畑まで出る。


西武秩父仲見世通り

御花畑から西武秩父駅まで少し歩いてバス乗り場で東京組と合流。
今回はソロではない。
午前9時の西武秩父仲見世通りの店舗はほとんどあいていなかった。
また今度来よう。

西武バスに乗って一時間強で三峯神社に到着。
1年と3ヶ月ぶりの三峯神社は相変わらず荘厳で幻想的な空気につつまれていた。


遥拝殿から妙法ヶ岳方面を望む

遥拝殿から妙法ヶ岳方面を望む。
ここから見える風景はまるで古代中国の山奥のようで、水墨画の世界に入ってしまったかのような錯覚におちいる。


随神門

随神門には「三峯山」の文字が

荘厳で幽玄な随神門(痺れる!)をくぐり、いざ三峯神社へ。



お祓い串

凍結でお浄めの水が出せないため、この「お祓い串」を振るそう。
ほー。面白い!

三峯神社 拝殿にて

拝殿にて。
怪我なく無事に下りられますように。

さて。
では、いざ三峯山(雲取山)へ!

■秩父の関連記事


2015年1月9日金曜日

ペヤング、フォーエバー。もじゃろー、フォーエバー

伊勢崎が生んだジャンクフードの王様、ペヤングソース焼きそば。
どうか「ペヤング リターンズ」となるよう祈っている。

ペヤング やきそば もんじゃ風 やきそば

ペヤング やきそば もんじゃ風 やきそば。
2014年の秋ごろ発売されていた限定商品は熊谷のスーパーで購入したもの。
今や何もかも幻となった商品だ。

もじゃろー

サイドには、伊勢崎公認のゆるキャラ「もじゃろー」の雄姿があった。
もんじゃのオバケもじゃろーはゆるキャラの中でも「ゆるさ」だけで言えばグランプリ一位を狙えると思う。
ぐんまちゃんも殿堂入りしたことだし、来年のゆるキャラグランプリはもじゃろー一択で応援するぞ!


横から見たもじゃろー…ゲロ(自粛

●今日の一曲


The Band - Forever Young

2015年1月6日火曜日

コリン・ウィルソン「現代殺人百科」と THE WHO ロックオペラ「TOMMY」

友人宅の本棚にとても素晴らしい本があったので、
「Sさんもこんな本読むんだね〜」
「とても良い趣味をしているね!」
などと言っていたら、複雑な表情をした友人に「ご、ご、ごめんなさい!」と返された。


コリン・ウィルソンの「現代殺人百科」

その本は、私が友人に貸した本だった。
3年前に貸したことをすっかり忘れていたのだ。
3年の間に2回ほど引っ越しをしていたので、本の1冊や2冊無くなっても気がつきやしないのだ。



友人の趣味に合っていたかどうか定かではないが、無事我が家に生還したコリン・ウィルソンの「現代殺人百科」をパラパラとめくっていると、とても興味深いページを見つけた。
ロック・オペラ「トミー」のタイトルを思わぬところで発見したのだ。
人に貸しておいてなんだが、初めて見るページだった。


孤独な死の解体師デニス・ニルセンとロックオペラ「TOMMY」


1983年2月8日。ロンドン北部の閑静な住宅街にあるアパート。
5日前からトイレが詰まって使えないため、配管工マイク・カトランが呼ばれた。
カトランがこのアパートの排水溝から発見したのは、強烈な腐敗臭を放つおびただしい量の人肉片だった。
下水管に詰まっていたのは最上階に住む37歳の公務員、デニス・ニルセンが殺害して解体した人肉の一部だった。

孤独な連続殺人鬼(死の解体師)の所業は、その後日本国内でおきたいくつかの殺人事件を想起させる。
桐野夏生の小説「OUT」や、園子温監督の映画「冷たい熱帯魚」の元となったあの事件たちだ。
どうでもいい話だが、吉祥寺に住んでいた当時に映画の「OUT」を見たし、蓮見圭一の例の本も読んだ。
ついでに今は蓮見圭一が著したあの事件の舞台となった熊谷に住んでいる。
そう考えるとこの連続バラバラ殺人事件、身近で起きた事件のように思えてくるから不思議だし、ゾッともする。




1983年2月1日。
排水管から大量の腐敗肉が発見される8日前、最後の犠牲者が殺された。
ゴスレット・ヤードのジョージという名の店で拾ったヤク中の男だった。
最後の凶行に及ぶ直前まで殺人鬼ニルセンが聴いていたのが、私も大大大好きな THE WHO のロックオペラ「TOMMY」だった。
ニルセンはTOMMYのアルバム全曲を聴いてから殺人を行ったという。


この事実を踏まえた上で一度「TOMMY」を聴いてみてほしい。
きっと胸がざわざわしてくるはずだ。

Tommy (Remastered 2013) - ザ・フー

こんなことを書いていたら、今日はスッと寝付ける気がしなくなってきた。
自業自得か。

 
ケン・ラッセルの毒々しくも荘厳な世界観は好き嫌いが分かれるところだが、私個人は「さらば青春の光(四重人格)」よりも好きな映画だ。

■関連リンク

2015年1月5日月曜日

Fuji Rock Festival '11 の AIR FUJIROCK は大変盛り上がりました




The Music - The People (Live at Fuji Rock Festival '11 Japan Last Live)

震災元年となった2011年のフジ・ロック・フェスティバルでは、多くのアーティストが放射能汚染と原発の「アウト・オブ・コントロール」加減を危惧して来日をキャンセルした。
実際6月ぐらいまで予断を許さない危機的状況が続いていたことは吉田調書や「メルトダウン」などのルポルタージュを読むまでもなくうっすらわかっていたことだし、海外メディアの方が事故の深刻さを正確に伝えていたから、海外のアーティストが日本を避けていたのは致し方のないことだ。

そんな混沌の中で無事来日を果たし、このアクトがラストフジとなる The Music がグリーンステージのクロージングを飾った。

この年は参戦せずにインターFMでライブ中継を聴きながら在宅フジロック、通称「AIR FUJIROCK」に参戦した私は、The music の「The People」という曲のしょっぱな、ギターのリフとその残響音を聴いた瞬間、ラジオの前でさめざめと泣いてしまった。

「The Music」

ほとんど知らなかったアーティストなのに無性に泣けて仕方なかった。
これがラストのフジロックだからとか、解散してしまうからだとか、原発事故への得体の知れない恐怖を乗り越えてまで来日してくれた、とか、そういう要素一切抜きで、泣いた。

フジのクロージングには、そういう、何らかの魔力がある。

夏が終わる。

その瞬間を目の当たりにしたことはあるだろうか。
私はフジロックのクロージングアクトを観るたびに、はっきりと夏の終りを感じる。

夏なんか嫌いだ。
冬の方が好きだ。
そんなあまのじゃくな私でさえ、すぎゆく夏を惜しんでさめざめと泣いてしまう、それがフジロック(とくにクロージング)の魔力なのかもしれない。



◎エアじゃないリアルフジロックの反省文