2016年4月3日日曜日

2016世界フィギュアスケート選手権 男子シングルの感想

羽生さんの晴明もいいんですが、リンクメイトでもある二連覇達成の世界王者ハビちゃん(ハビエル・フェルナンデス。安藤美姫てぃーの彼氏)の人気がこの機会にもっと高まるといいなーと思います。


今日はとにかく絶好調すぎたし、頭の先から指先、つま先まで、全てに思いが行き届いている感じで完璧でしたね。
演技終了前からスタンディングオベーションが始まっちゃってるのがすごい!!
アメリカのお客さん、素晴らしすぎ!

とはいえ私の一推しはPさん(パトリック・チャン)なんです。
(THE ICE レポといいつつほとんどPさんについて書いた→にわかスケオタの THE ICE(ザ・アイス)長野公演初日レポ
下半身の安定感たるや、右に出るものは誰もいません。来シーズンまであの神スケーティングを見れないのがつらすぎる。。。
今日は壁が憎かった!
もっとリンク広くしてやってよ!と思わずにはいられませんでした。

あと意味不明な中傷に負けないでほしいのはカザフのスター、デニス・テン殿下。
怪我による練習不足のためか、今季は全般的に不調で終わってしまい、最後に集中力を欠いた影響からなのか羽生さんの進路妨害というミソがついてしまいました。
でもあんな高貴な空気をまとった温厚な紳士がワザと進路妨害なんかするわけないでしょうが!
羽生さんも調子に乗ってんじゃないかとかいう声もありますけど、お互い本番前でナーバスになってるし、血気盛んなお年ごろなんだから「あんにゃろ妨害しやがって!」ぐらい言うでしょう。
カメラ向けられたら背伸びして立派に振る舞おうと頑張っている、本当はいたいけな年ごろだってことをみなさんお忘れじゃありませんか?
子どもの喧嘩を見て大の大人が「あいつは天狗だ」だの「あいつはわざとやったんだ何しろ韓国のアレだから」だの無責任に好き勝手なこと言って恥ずかしくないんでしょうかねえ。
羽生アンチの羽生さんに対する嫉妬にかんしては「アンチ乙」「嫉妬乙」なのですが、テン君への人種差別発言は許しがたいものがあり、見過ごすわけにはいきません。
今風にいうなら「レイシストしね」って感じです。
Go Denis!声の大きいレイシストに負けるな!

あと宇野昌磨くんの大粒の涙にはやられましたね。うのしょー同好の志、探しています。
うのしょーグループLINEを今すぐ作りたい!けどリアル友人にフィギュアクラスタ、一人しかいない。しかもその人、プルさん、ジョニー止まりだし…

そうそう、リギーニのピンクフロイドはかっこよすぎました。あーこれやっぱりバトル大先生の振り付けだわ!先生のセンス相変わらず最高!ウィルソン先生とは違う青っぽい良さあるー、と感心。

ボーヤンくんは本当に「ボーヤン」て感じで名前が憶えやすい。
ハン・ヤンいないの寂しい。
今年はヴォロ&布団(ヴォロノフとコフトゥン)が見れなかったのが残念。
コリャダくんはイリヤ・クーリック似。
ブレジナ…ごめん、なんか別のことしてて見てなかった…ごめん
リッポンポンはスケスケ過ぎ。悩殺された。
マックス・アーロンとリッポンの時間はホーム感が味わえて最高。
ここにジェレミー、あと小塚くんがいないのが無性に寂しい…ついでに佐藤親子の姿も…あ、信夫先生には明日真央ちゃんのときに会えるか!

さて、思いつくまま、気ままに書いてしまいましたが、明日の女子シングルでは誰にハートを奪われるんでしょうか。楽しみです。

●追記
自宅にはテレビがありません。実家で観覧しています(NHKの方向け対策)

●さらに追記
主に日本人からデニス・テン選手への人種差別的な誹謗中傷が殺到しており、テン選手の母国カザフスタンでもそういった内容の報道があったということで、このまま見過ごすとさらに国際的な大事に発展しそうで何ともな状況です。
昨年の中国杯でおきたハン・ヤン選手との激突事故以降、羽生選手の中では衝突への恐怖が怒りに直結しやすいトラウマになっているようで、早期のケアが必要なのではとも思います。
テン選手側のキャロルコーチ、そして羽生選手側のオーサーコーチともに衝突の件は「よくあること」「結弦は神経が過敏になっている」「わざと妨害ということはない」という見解のようです。
キャロルコーチは「三回目なのが妙」とも言ってるんですが、これは接触二回目の相手が門下生の村上大介選手で、今回また門下生が巻き込まれたこともあり、少々お疲れなのでしょう。またテン選手を守る発言をするのはコーチとしては当たり前です。
オーサーコーチは「テン選手の不注意もあるがわざとではないだろう」「ハビエルにも同様のシーンがあったが彼は落ち着いていた」と言っており、やはり羽生選手が相当ナーバスになっていたことを示唆しています。
この件は今大会の二選手の不調につながる要因の一つでもあったと思うので、来季に引きずらないよう、大人も介入してアシストしてあげた方がいいんじゃないでしょうか。
とにかく一刻も早く両者の溝が埋まるといいなあと思います。

しかし毎回衝突事故が起こるたびに、中国人選手だから、とか韓国の血筋だから、とか、レイシズムをこじらせた変な輩が跋扈するインターネッツはどうにかなりませんかねえ。レイシストだけでなく熱狂的なファンやアンチの誹謗中傷も、目にするだけで疲れるわあ…


あとひとつ。優勝したハビエルにも、靴が合わなかったり怪我があったり接触があったり、不調となる要因が無かったわけではありません。
にもかかわらず優勝できたということは、フィジカルとメンタルが非常に優れているということ。だから日本のメディアは彼にもっと注目すべきなんですよ。ミキティーの彼氏として注目するんでもいいけど!
ハビちゃんおめでとう!今日のエキシも楽しみにしています。

●追記の追記の追記

Думать и знать - два несовместимых понятия. Все всегда думают, что знают, но не более того. «Хороший», «плохой», «ты то!», «он се!» — все это лишь предположения, не имеющие никакого отношения к реальности. Эти предположения верны. Но в сугубо закрытом мире индивидуума. Поэтому думайте свои мысли и не пытайтесь понять мои. Можете читать, можете нет - это ваша жизнь, займитесь её. Я пишу для "своей семьи" и не перехожу на личности. Личности, вы создали сами. К слову, текст и контекст - тоже два несовместимых понятия. Поэтому я выкладываю фото. Здесь не подразумевается смысловая нагрузка. Что было; как было - уже не имеет значения. Небо мирное. На этом, надеюсь, эта пьеса подойдёт к концу. Подумайте о чем-нибудь более важном. Например, о родителях. ➖➖➖ Thinking and knowing are two different things. Everyone always thinks that they know, but nothing more. "Good", "bad", "you're this!", "he's that!" — all these are just assumptions with no connection to reality. These assumptions are correct. But only in a closed off world of an individual. So think your thoughts and don't try to understand mine. You may read, or don't — it's your life, so live it, enjoy it. I write for "my family" and I don't make personal remarks. You got personal yourself. Speaking of this, text and context are also two separate things. That's why I'm posting a photo. There's no message here. What it was and how it happened, it no longer matters. The sky is peaceful. Hopefully, this piece ends here. Think about something more important. Like parents, for example.
Denis Tenさん(@tenis_den)が投稿した写真 -

な?もう言葉はいらない…(´;ω;`)ブワッ

0 件のコメント:

コメントを投稿